加盟市町村

産地情報

桐生織
概要
歴史
西暦714年、上野国(現在の群馬県)が初めて絹を織って朝廷に差し出した記録があります。鎌倉時代末の新田義貞の旗揚げや、関ヶ原の合戦で徳川家康が桐生の白絹(しらぎぬ)の旗を用いたこと等から、桐生織物はその名を全国的に高めました。さらに19世紀前半には幕府の保護を受け、金襴緞子(きんらんどんす)や糸錦(いとにしき)のような高級織物を生産するようになり、この技術・技法は今の桐生織に引き継がれています。
特徴
桐生織は品種が多く、付加価値の高い先染めジャカード織物が中心です。いずれもセンスの良いデザインや紋様で作られています。
連絡先
桐生織物協同組合
〒376-0044 群馬県桐生市永楽町5番1号
TEL:0277-43-2511 FAX:0277-47-5517
http://www.kiryuorimono.or.jp
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
クリックで拡大
加盟市町村別 イベント情報
イベント一覧